[PR]

 6月30日にごく小規模な噴火が確認された箱根山(神奈川県)について、気象庁は1日、30日の火山性地震が過去最多の603回に上ったことを明らかにした。「噴火は地震が増加した29日夜から30日午前に起きた」としている。

 30日の火山性地震の約9割にあたる532回は、午前6時~正午に観測された。1日午前0~7時は9回。気象庁は「大涌谷(おおわくだに)の噴気孔から約1キロの範囲では、影響を及ぼす小規模な噴火の可能性がある」として警戒を呼びかけている。

 箱根山では、2012年4月から地震などが常時観測されている。