伊勢田史郎さん(いせだ・しろう=詩人・郷土史家)が20日、肝臓がんで死去、86歳。通夜、葬儀は親族のみで行う。喪主は長男晋(すすむ)さん。

 55年、詩誌「輪」を創刊。阪神大震災で自宅が全壊しながら、被災地からの文化復興をめざす「アート・エイド・神戸」の実行委員長を務めた。後進の育成に熱心で、兵庫県現代詩協会の会長も務めた。大阪・中之島の市中央公会堂を造った株仲買人、岩本栄之助の生涯を描いた「またで散りゆく」を朝日新聞に連載した。詩集に「低山あるき」「熊野詩集」など。