皇太子ご夫妻は2日夜、南太平洋の島国トンガに向けて出発する。長期療養中の雅子さまにとって、公式外国訪問はオランダ訪問以来2年2カ月ぶり。オランダ訪問が復調のきっかけになったことから、宮内庁関係者は「トンガ訪問が本格的な体調回復につながって欲しい」と期待を寄せる。

 宮内庁は雅子さまの担当医の助言を踏まえ、数ある行事の中でも4日にある国王の戴冠(たいかん)式と、それに続く王室主催の昼食会に絞れば出席は可能と判断した。

 長期療養の原因として、雅子さまが日常生活や皇室行事で思うように振る舞えなかったり、疎外感を感じたりする出来事が続いたことがあげられている。皇室関係者によると、雅子さまは自信を失うきっかけになった行事に再び出席しようとして、記憶がよみがえって体調を崩してしまうことの繰り返しだったという。

 2013年春の雅子さまのオランダ訪問は、03年12月に長い療養生活に入ってから初の公式海外訪問だった。症状に詳しい医師によると、回復には成功体験の積み重ねが効果的で、「オランダ訪問やその後の公務を通じて自信を取り戻したのでは」と話す。秋篠宮家の次女佳子さまの動静に注目が集まるなかで、周囲からのプレッシャーが薄れ、「落ち着いた環境でご自身の体調を見つめることができたのでしょう」とみる関係者もいる。

 トンガは1970年に英国の保…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース