[PR]

 部下が昇任試験に遅刻しないよう、必要のない作業を命じて救急車を出動できなくしたとして、大阪府枚方市と寝屋川市でつくる枚方寝屋川消防組合は2日、当時の枚方消防署の男性課長(57)=消防司令長=を戒告の懲戒処分とし、発表した。署長ら上司2人と、当日一緒に勤務していた課長補佐2人を訓告とした。

 同組合によると、課長は当直責任者だった1月8日午前7時半ごろ、救急車を運転する男性職員が勤務交代直前の救急出動で、午前9時半から予定されていた昇任試験に遅刻しないよう、別の職員に30分間、救急車の消毒をさせて出動出来なくしたという。

 その間に、同署から約0・5キロ離れた京阪枚方市駅で男性の急病による出動指令があった。通常なら約3分で到着するが、現場から約2キロ離れた出張所の救急車が出動したため到着まで約5分かかった。到着時には、男性は心肺停止状態で、駅員が自動体外式除細動器(AED)を使用した後だったという。男性はその後、搬送先の病院で死亡が確認された。

 課長は6月上旬に内部通報があった際には、「定期消毒」と虚偽の説明をしたが、その後、「安心して受けさせようと配慮した」と話したという。

 同組合は「通常通り到着していても、AEDの使用後で、影響はなかったと考えている」と説明。西口俊通総務部長は「消防の目的達成を妨げるもので甚だ遺憾。二度と発生することがないよう服務規律の徹底に努める」とコメントしている。(楢崎貴司)