[PR]

 飛行機の搭乗直前、機内への持ち込み制限を超える大量の買い物をする乗客が増えているため、成田国際空港会社(NAA)は3日から、免税店などに注意を喚起するステッカーを貼り出した。搭乗ゲートで大量の荷物をさばくのに時間がかかり、出発が遅れるケースが増えているという。

 注意喚起のステッカーは英語と中国語の2種類。炊飯器や洗浄便座などサイズが大きめの商品の近くや、まとめ買いされる菓子類の棚などに貼り、早めに搭乗ゲートに行って航空会社に問い合わせるよう、呼びかけている。

 NAAによると、チェックインカウンターで荷物を預け、出国審査後の制限区域で中国人観光客らの「爆買い」が目立っている。機内に持ち込む手荷物は、数量、サイズ、重量などで航空会社ごとに制限があり、制限を超えた荷物は、受託手荷物となって超過料金が発生する場合もある。さらに、貨物に積み替える作業に時間がかかり、遅延の要因になるケースがあるという。

 NAAでは「成田で買いものを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら