[PR]

 厚生労働省は3日、衛生管理の状況が不明な他人の母乳を赤ちゃんに飲ませるのは感染症などのリスクがあるとして、注意喚起を求める通知を都道府県などに出した。不衛生な「母乳」がインターネットで販売されているという同日付の毎日新聞の報道を受けた。これまでに健康被害は確認されていないという。

 通知では、母乳に病原体や医薬品などの化学物質が含まれていれば、乳幼児に悪い影響を与える恐れがあるとして、妊産婦らに注意を呼びかけることを都道府県などに求めた。

 厚労省は、母乳のネット販売の実態はつかんでいないが、母乳が十分に出ずに悩む女性が購入している可能性があると判断した。担当者は「乳幼児の栄養摂取は必ずしも母乳にこだわらず、必要に応じて育児用ミルクを使うことが望ましい」と話す。

 消費者庁も3日、インターネットでの母乳の購入に注意を呼びかけた。