【動画】プロレスラー10人がローカル線の車内でバトル=井手さゆり撮影
[PR]

 ローカル線の車内がプロレスのリングに――。山形鉄道フラワー長井線(山形県)で4日、みちのくプロレスなど3団体のレスラーによる「プロレス列車」が走った。赤湯~長井駅を走る約30分間に、バトルロイヤル形式で10人が参戦。「網棚にあがらない」「窓から顔を出さない」など、マナーを守りつつ繰り出される技に、全国から集まった50人のプロレスファンが沸いた。

 地元を活性化させようと「長井市地域おこし協力隊」が企画。メンバーの渋谷達郎さんは「おもしろいことをやれば人が集まる。地域を巻き込んでいく起爆剤になれば」と話す。参戦したみちのくプロレスのザ・グレート・サスケさんは「予想以上に列車が揺れた。制約も多かったが、逆に新鮮だった。呼ばれれば来年も来たい」と話した。(井手さゆり)