[PR]

 奈良県警は5日、同県香芝市立小学校6年の少女(11)が4日午後から行方不明になっていると発表した。現場付近で女性の悲鳴が聞こえたとの証言があり、県警は事件に巻き込まれた可能性もあるとみて、情報提供を呼びかけている。

 県警によると、少女は身長約145センチで、髪は肩のあたりまでの長さ。行方不明時は灰色のTシャツに紫のチェック柄のキュロット姿だったという。

 少女は4日午後1時30分ごろから両親ら家族4人で香芝市高のリサイクルショップ「開放倉庫香芝店」を訪れていた。同店北館にいた午後1時50分ごろ、南館にあるトイレに1人で行ったが数十分たっても戻ってこなかったため、母親が捜したところ、少女が履いていた水色のサンダルの片方が、トイレの個室内に落ちているのを見つけたという。

 また、午後2時前ごろには従業員2人がトイレ付近から女性の悲鳴が上がるのを聞いたという。

 現場はJR和歌山線香芝駅の北約1・4キロメートルで、国道168号沿いの商業施設が並ぶ一画。県警は100人態勢で現場一帯の捜索、聞き込みにあたっている。情報提供は香芝署(0745・71・0110)で受け付けている。