[PR]

 東京・浅草の三社祭で小型無人飛行機(ドローン)を飛ばすと予告し、祭りの進行を妨害したとして、威力業務妨害の非行内容で送致されていた横浜市の無職少年(15)について、横浜家裁(小池喜彦裁判長)は6日、審判を開いて処分を決めた。家裁は処分の内容を明らかにしていないが、関係者によると、保護観察処分になったという。

 少年は5月に同容疑で警視庁に逮捕され、東京家裁から横浜家裁に移送されていた。