[PR]

 麻生太郎財務相は7日の閣議後会見で、香川俊介事務次官(58)の後任に田中一穂主計局長(59)、細溝清史・金融庁長官(59)の後任に森信親・金融庁監督局長(58)がそれぞれ就く人事を正式に発表した。山崎達雄財務官(57)の後任には浅川雅嗣国際局長(57)をあてる。同日付。

 田中氏や前任の香川氏、その前の木下康司氏はいずれも1979年入省で、同期3人が次官を引き継ぐのは異例だ。財務省によると、1917(大正6)年に大蔵省(当時)に入省した賀屋興宣、大野龍太、広瀬豊作の3氏が37年、39年、40年に次官に就いた例があるという。麻生氏は、田中氏について「主税局長、主計局長を経験し、時代に適切に対応できる人材だ」と語った。

こんなニュースも