[PR]

 体と心の性が一致しない人など性的少数者(LGBT)への理解を広める活動をしている市民グループ「PROUD(プラウド)」(高松市、藤田博美代表)が、どんな性別の人でも利用できるトイレのマークを募集している。最優秀賞2点を選び、LGBTの人も使いやすい多目的トイレに付けるよう、行政機関や企業に働きかける。

 LGBTの中でも中性的な外見の人や性同一性障害を抱える人には、外出先のトイレは切実な問題だ。自分の望む性別のトイレを利用すると注意されたり、ジロジロ見られたりすることがあり、トイレを我慢する人もいるという。

 その中で、男女がともに利用できる多目的トイレは、LGBTの人にも比較的使いやすい。しかし、障害者、高齢者、子ども連れなどの利用が想定されているため、「自分が使ってもよいのか」と遠慮してしまうという。

 そこで、PROUDの会員が、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら