[PR]

 麻薬を米国から密輸したとして、麻薬取締法違反容疑で逮捕されたトヨタ自動車の元常務役員ジュリー・ハンプ容疑者(55)について、東京地検は7日、不起訴(起訴猶予)とする方針を固めたとみられる。悪質性が低いことなどを考慮した模様で、ハンプ容疑者は勾留期限の8日に釈放される見通しとなった。

 ハンプ容疑者は、6月11日に医療用麻薬の通称オキシコドンを含む錠剤57錠を米国から成田空港に小包で輸入したとして、同月18日に警視庁に逮捕された。

 これまでの調べに対し、麻薬は「父親から送ってもらった」と供述し、「腰やひざの痛みを緩和するために必要だった」と説明。捜査の結果、実際に痛みを伴う症状があることが判明したという。

 また、逮捕後に役員を辞任したことなども、地検は考慮したとみられる。

■引っ越し荷物に200…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら