[PR]

 民主党と維新の党は8日午前、武力攻撃を受けたとは判断できないが、警察力では対応しきれない「グレーゾーン事態」に対応する領域警備法案を国会に共同提出した。政府提出の安全保障関連法案の採決対応をめぐる意見の違いから、前日にはいったん別々に提出することを決めたが、民主の岡田克也、維新の松野頼久の両代表が会談し、共同提出で合意した。

 8日午前の党首会談では、参院で議決されなくても衆院で再議決できる「60日ルール」の適用を前提とする早期の審議打ち切りには反対することでも合意した。

 松野氏は会談前の党内協議で「ばらばらに同じような法案を出すのは他党に申し訳ない。感情的なもつれがあったとしても、議会に迷惑をかけるわけにいかない」などと発言。岡田氏は会談後、「野党がまとまることが重要だ」と述べた。

 維新は馬場伸幸国対委員長が7…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら