【動画】植物の受精卵が分裂する様子。先端の丸い部分が将来胚となる部分で、 細胞の核は緑、膜はピンクに色づけされている。数値は(時:分)を表す=名古屋大提供
[PR]

 名古屋大の東山哲也教授らの研究グループは、被子植物のめしべにできた受精卵が分裂していく様子を生きたまま観察することに世界で初めて成功した、と発表した。初期段階の細胞に、高い再生能力があることも突き止めた。新しい培養技術の開発につながる成果だという。9日付の米科学誌電子版で報告する。

 被子植物は、おしべの花粉がめしべにつくことで受精する。受精卵はめしべの奥深くにあるため、その後の分裂の過程は直接観察できなかった。研究グループは、シロイヌナズナのめしべから将来種子になる組織全体を取り出し、新しく開発した培養技術などを応用。特殊な顕微鏡を使って生きたまま動画で撮影できるようにした。

 その結果、葉や根をつくる種子の胚(はい)となる細胞が、分裂のタイミングをずらしながら形づくられていくことが分かった。さらに、この細胞をレーザーで破壊すると、ほかの組織になるはずだった隣接する細胞が「運命転換」を起こし、胚になることを突き止めた。

 メカニズムの解明は今後の課題だが、人工的に制御できれば効率よく組織を培養する技術の開発につながる可能性があるという。(須藤大輔)

関連ニュース