[PR]

 高校を出て、浅草でお笑いの道に入ってから55年。萩本欽一さんが今春、駒沢大学仏教学部の社会人入試に合格し、74歳の学生生活を楽しんでいる。かつて人気バラエティー番組を多く世に出し、お茶の間の笑いを独占した「欽ちゃん」。いまの若者を、笑いと時代の移ろいを、どう見ているのか。放課後に聞いた。

 ――学生生活はいかがですか。

 「楽しいよお。毎日、朝から学校に行ってるよ。今日は英語、仏教漢文、ドイツ語でした。ちょっと語学が苦手なんだけど」

 「明日、会う人がいる、しゃべる誰かがいるっていうのが、この年になると一番幸せだと思うの。年を取ると、周りと付き合いづらくなってね。僕もいつの間にか『大将』と祭り上げられていた。大学では、20歳前後の子がみんな『欽ちゃん』と呼んでくれる」

 ――どうしてまた、大学に?

 「僕たちの世代って、人生ずっと頑張ってきて、ようやく肩の荷を下ろし、自分にご褒美をあげるころなの。でも僕はずっと、みんなの逆を行って生きてきた。だから去年、舞台を引退したときに何か新しい荷を背負おうと思ったの。それが受験勉強だった」

 「僕は仏教学部を『仏様の教え』と読んだからね。いい言葉がたくさんあるに違いない、その言葉に会いに行こうって思った。母ちゃんも大学には絶対行けといっていたし。ご免よ、ちょっと遠回りしてって感じかな」

 ――キャンパスでは若者と普通に会話しているんですか。

 「もちろん。就活で暗い顔した4年生に喫煙所で会ってね。僕、言ったの。いろんな職業の人に会ってきたけど、半分は『好きで始めた仕事じゃねえ』って人だった。オヤジがかわいそうで家業を継いだ、とか。でも、そんな人の、いまは幸せって笑顔を何度も見たよってね。そしたら、『幅が広がった』って、うれしそうに飛んでった」

 「人のお世話をする仕事をしたいっていう女子には、いいねえ、あんたがおばあちゃんの面倒なんかみたら、アイドルになるんじゃないのって言ったの。笑顔がとってもいい娘(こ)でね。そしたら泣き出しちゃった。こんなに認めてもらえたのは初めてだって」

 ――何が見えました?

 「もしかして、僕たち大人は若者とちゃんと会話をしてないんじゃないか。親は子に重すぎる夢を負わせていないか。だから若者は働くイメージも持てず、窮屈で、生きにくい世の中になっているんじゃないかって」

 「とにかくみんな、前へ前へと進みたがることも気になるね。モデルになる誰かを見つけて、すぐにマネしようとする。でもね、人生はそんなに簡単に前には進まないよ。偉人の伝記を読めばわかるでしょ。最初は失敗だらけなんだから。だから僕はいつも言うの。まず一歩下がって、世界を広く見ろ。もっと遠回りしろ、人と違う冒険を始めろって」

 ――でも、萩本さんの人生は順調だったんでしょう。

 「違うよお。高校を出て浅草の劇場で修業を始めたんだけど、実はあがり症でね。セリフも忘れ、本当に才能がなかった。3カ月で演出の先生に呼ばれ、やめるなら早いうちだと言われて、『やめます』って答えちゃった」

 「しょんぼりしていたら、先輩…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら