[PR]

 26歳で急逝した伝説的なロックミュージシャン尾崎豊さん(1965~92)の生誕50年に合わせ、今秋、未発表のインタビュー音声を収録したCDが出る。肉声からは、自信と不安が入り交じった早熟な才人の貴重な素顔がうかがえる。

 尾崎さんは83年、シングル「15の夜」とアルバム「十七歳の地図」でプロデビュー。「卒業」「I LOVE YOU」などを残し、92年に亡くなった。

 音声は84年1月~85年12月のもの。10代の尾崎さんを取材した数少ない一人、音楽ライター藤沢映子さんが録音したテープ20本以上を70分にまとめた。

 「『15の夜』なんていうのは、これは僕の中学時代の思い出なんです」。初のインタビューは84年1月30日で、高校に退学届を出した5日後。職員室で髪を切られて校舎裏でたばこを吸ったこと、その夜、仲間とバイクを乗り回し、車のスクラップ工場で夜を明かしたことをとつとつと言葉にする。「結局、もう、どこにも結局、僕たちに行き場がなかったんですよね」

 高さ約7メートルの照明機材か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら