[PR]

(2006年8月25日朝日新聞朝刊から再録)

 チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)は24日午後(日本時間同日夜)、惑星の新しい定義について採決し、太陽系の惑星を「水金地火木土天海」の8個として冥王星を惑星から外す案を賛成多数で可決した。冥王星は1930年の発見から76年で惑星の地位を失い、世界中の教科書が書き換えられることになった。

 総会に提示された四つの決議案の採決の結果、冥王星は、惑星と別に新しく設けられた「矮(わい)惑星」というジャンルに入ることになった。海王星より遠い、冥王星を含む天体を総称して「プルートニアン(冥王星族)天体」と呼ぶ決議案は、否決された。

 太陽系の惑星の定義は「太陽の周りを回り、十分重いため球状で、軌道近くに他の天体(衛星を除く)がない天体」とされた。

 これは、近くにあった天体のほとんどを吸収して、軌道上で圧倒的に大きな重さを占めるようになった天体を意味し、定義の脚注で「水金地火木土天海」の8個のみと明記された。

 矮惑星は「太陽の周りを回り、十分重いため球状だが、軌道近くに他の天体が残っている、衛星でない天体」と定義され、近くに同程度の小天体が多数見つかっている冥王星は、その代表と位置づけられた。

 矮惑星には冥王星のほか、米観測グループが昨夏「第10惑星」と発表した「2003UB313」、火星と木星の間にある小惑星で最大の「セレス(ケレス)」などが含まれる。

 当初案では、惑星を「自己の重力で球形を保ち、恒星の周りを回る恒星でも衛星でもない天体」などと定義し、専門家の間で「本当に惑星といえるのか」と議論のあった冥王星だけでなく、冥王星の衛星とされていたカロン、第10惑星、セレスも含めて12個に増やすとした。しかし、反対意見が続出、修正案がつくられていた。

     ◇

〈冥王星〉 米国のクライド・トンボーによって1930年に発見された。地球からの距離は平均60億キロ、直径約2400キロ。重さは地球の約430分の1で、月や、8惑星の中でもっとも小さい水星よりも小さい。英語名プルートはローマ神話の冥界の王にちなむ。漢字名は英米文学者・野尻抱影が考えたとされ、中国でも使われる。主成分は氷やメタンとみられている。

     ◇

冥王星の大きさ

地球:直径12800km 重さ1

月:直径3500km 重さ81分の1

水星:直径4900km 重さ18分の1

冥王星:直径2400km 重さ430分の1

(理科年表06年版による)

こんなニュースも