昨年7月の閣議決定は妥当か/自衛隊は憲法違反か

 安倍首相は、「国民の生命と安全を守る」のが政治家の役割だと言いますが、そのためのルールを定めるのは憲法です。時々の政権の一存や、国会の単純多数決で法律を作り、そのルールを変えることは許されません。

 政治家にとって、これは常識であるはずですが、そのことが分からない人は、政治家としての基本的資質を欠いているといわざるをえません。仮に知っていてそれをやろうとするのであれば、クーデターを起こしたことになります。そんな政治家に、「国民の生命と安全」を語る資格はありません。

 安倍首相は、かつて日本国憲法を「恥ずかしい憲法」と言ったそうですが、恥かしいのは日本国憲法ではなく、安倍首相、あなたなのです。

こんなニュースも