[PR]

 不良に絡まれた「アベシンゾウ」を「アソウさん」が助ける――? 安保関連法案の説明が足りないという声に応えようと、安倍晋三首相が自民党のインターネット番組に生出演し、たとえ話を用いた説明に挑んでいる。6日から4回放送し、視聴者や識者の反応は賛否様々だ。13日の「やっぱり心配。徴兵制。」で最終回を迎える。

 「『戦争法案』とか『怖いんじゃないか』とか、そういうイメージが広がってしまったように思います」。6日の初回放送は首相のこんな言葉で始まった。

 番組名は「安倍さんがわかりやすくお答えします! 平和安全法制のナゼ? ナニ? ドウシテ?」。東京・永田町の自民党本部の特設スタジオで女性議員の質問に答える。1回約20分。全5回中4回を終えた。

 2回目では集団的自衛権をこうたとえた。「アベシンゾウは生意気だから殴ってやる」と言う不良がいる。友達のアソウさんが「オレはけんかが強いから守ってやるよ」。2人でいたら不良がアソウさんに殴りかかってきた。アベシンゾウもアソウさんを守る――。

 党広報によると、1~3回目は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら