[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックの新国立競技場の建設計画をめぐり、朝日新聞社の世論調査で、71%が「反対」との結果が出た。安倍晋三首相は10日の国会答弁で新競技場のデザイン変更は困難との認識を示したが、内閣支持層でも「反対」が62%、「賛成」は28%にとどまった。

 自民支持層でも「反対」は64%にのぼり、「賛成」は23%だった。新国立競技場の総工費は2520億円で、基本設計時より895億円膨らんだことには、野党だけでなく与党内でも批判が相次いでいる。

こんなニュースも