[PR]

 JR東京駅近くで6月、男性がビニール傘で左目を刺される事件があり、警視庁は意識不明の重体だった男性が11日夜、搬送先の病院で死亡したと12日発表した。丸の内署は傷害容疑で現行犯逮捕した同僚の男について、傷害致死容疑でも調べる方針。

 署によると、死亡したのは相模原市緑区下九沢の会社員滝島善也さん(55)。

 署の説明では、東京都足立区千住元町のシステムエンジニア福西恭志容疑者(54)は6月26日深夜、東京駅近くの路上で、滝島さんの顔などにけがを負わせた疑いがある。福西容疑者のビニール傘の一部が滝島さんの左目に刺さり、脳にまで達したという。2人は一緒に酒を飲んで帰宅する途中、口論になったとみられる。