[PR]

 岩手県矢巾町で中学2年の村松亮さん(13)が自殺したとみられる問題で、村松さんが亡くなる約5時間前、ネット機能がある携帯型ゲーム機で自殺を示唆する投稿をしていたことがわかった。村松さんの父親(40)は12日、県警紫波署に暴行事件として捜査を始めるよう申し入れた。

 父親によると、ゲーム機は村松さんが所有していたもので、亡くなった同町のJR東北線矢幅駅の構内でリュックサックの中から見つかった。5日午後1時49分から午後2時18分にかけて「これが最後の投稿になります」「(ゲーム上のキャラクターの)ミニマリオがじさつするそうです」と投稿していた。

 村松さんは同日午後5時ごろ「買い物に行ってくる」と言って自宅を出た後、午後7時半ごろ電車にはねられ死亡した。父親は「痕跡を残して気づいてほしかったんだろう。誰かに助けてほしかったんだと思う」と話した。

 村松さんは、担任に毎日提出し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら