「Wii」などのゲーム機を世界で普及させた任天堂社長の岩田聡(いわた・さとる)さんが11日、胆管腫瘍(しゅよう)で亡くなった。55歳だった。通夜は16日午後6時、葬儀は17日午後1時から京都市左京区岡崎天王町26の岡崎別院で。喪主は妻佳代子さん。葬儀委員長は竹田玄洋(げんよう)同社専務。

 東京工業大在学中にゲームソフト会社「ハル研究所」でアルバイトし、そのまま就職。「星のカービィ」など人気作を開発し、実力を任天堂社長だった故山内溥氏に評価された。

 2000年に任天堂に入社し、故山内溥氏の後を継ぎ、02年に42歳で社長に就いた。「ニンテンドーDS」や「Wii」など大ヒットしたゲーム機を、社長在任中に相次いで出した。斬新なアイデアが幅広い世代に受け、ゲームファンの裾野を国内外で広げた。09年3月期に、売上高や純利益を過去最高にした。

 近年は手軽にゲームができるスマートフォンの普及などもあり、ゲーム機の販売が低迷していた。スマホゲームへの参入を決め、新たな成長の戦略を探っている途中だった。昨年6月に胆管腫瘍の手術をしたが、その後仕事に復帰。今年6月の株主総会では議長を務めた。後任の社長は未定。