[PR]

高校総体

 勝負ではなく、見た人を笑わせることに青春をかけてきた。男子新体操団体は6人制で「陸のシンクロ」とも呼ばれる。「今年は笑いの聖地の大阪開催。やりがいがあります」と鹿児島実の穂満(ほまん)力也主将(3年)。ここ4年は21、17、10、16位。優勝争いには遠いチームが、拍手と爆笑をさらってきた。

 演技時間は約3分。宙返りの難度や完成度などを競う。クラシック曲に合わせるのが一般的な中、このチームには「アニソンの鹿実」の異名もある。アニメ番組の主題歌やCMソングなど5曲ほどを短くつなぐのだ。昨年の総体は「伊勢佐木町ブルース」に乗り、なまめかしく尻を振る動きからスタートした。

 樋口靖久監督(44)が「邪流(じゃりゅう)」と呼ぶ路線が固まったのは13年前。高校から始める初心者が多く、総体に出ても恥ずかしそうに演技するのが気になった。「素人軍団でも、注目されれば堂々とできるはず」と考え、選んだ道だ。「こんなの新体操じゃない」という批判は今もあるが、その日の会場を一番に沸かせてきた。インターネットの動画サイトで100万回以上再生されたものもある。

 毎年の総体では新作を披露する。内容が漏れると、審判から事前にストップがかかる恐れもあるので明かさない。何とか一端を聞き出すと、昨年のセクシー路線を継続しつつ、「大阪色」も盛り込むようだ。

    ◇

 全国高校総合体育大会は28日、和歌山県で開幕し、主に近畿地方を舞台に8月20日まで30競技で熱い戦いを繰り広げる。(伊藤雅哉

こんなニュースも