[PR]

 門野が寐惚(ねぼ)け眼(まなこ)を擦(こす)りながら、雨戸を開けに出た時、代助ははっとして、この仮睡(うたたね)から覚めた。世界の半面はもう赤い日に洗われていた。

 「大変御早うがすな」と門野が驚ろいていった。代助はすぐ風呂場へ行って水を浴びた。朝飯(あさめし)は食わずにただ紅茶を一杯飲んだ。新聞を見たが、殆(ほと)んど何が書いてあるか解らなかった。読むに従って、読んだ事が群(むら)がって消えて行った。ただ時計の針ばかりが気になった。平岡が来るまでにはまだ二時間あまりあった。代助はその間をどうして暮らそうかと思った。凝(じっ)としてはいられなかった。けれども何をしても手に付かなかった。責めてこの二時間をぐっと寐込んで、眼を開けて見ると、自分の前に平岡が来ているようにしたかった。

 しまいに何か用事を考え出そう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも