[PR]

 平岡の話は先刻(さっき)から深い感動を代助に与えていたが、突然この思わざる問に来た時、代助はぐっと詰(つま)った。平岡の問は実に意表に、無邪気に、代助の胸に応(こた)えた。彼は何時(いつ)になく少し赤面して俯向(うつむ)いた。しかし再(ふたたび)顔を上げた時は、平生(へいぜい)の通り静かな悪びれない態度を回復していた。

 「三千代さんの君に詫まる事と、僕の君に話したい事とは、恐らく大いなる関係があるだろう。あるいは同(おんな)じ事かも知れない。僕はどうしても、それを君に話さなければならない。話す義務があると思うから話すんだから、今日までの友誼(ゆうぎ)に免じて、快よく僕に僕の義務を果さしてくれ給え」

 「何だい。改たまって」と平岡…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも