[PR]

 翌日(あくるひ)はまた燬(や)け付くように日が高く出た。外は猛烈な光で一面にいらいらし始めた。代助は我慢して八時過に漸(ようや)く起きた。起きるや否(いな)や眼がぐらついた。平生(へいぜい)の如く水を浴びて、書斎へ這入って凝(じっ)と竦(すく)んだ。

 ところへ門野が来て、御客さまですと知らせたなり、入口に立って、驚ろいたように代助を見た。代助は返事をするのも退(たい)儀(ぎ)であった。客は誰だと聞き返しもせずに手で支えたままの顔を、半分ばかり門野の方へ向き易(か)えた。その時客の足音が縁側にして、案内も待たずに兄の誠吾(せいご)が這入って来た。

 「やあ、こっちへ」と席を勧(…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも