[PR]

 愛媛大(松山市)など全国六つの大学のホームページ(HP)がサイバー攻撃を受けたことがわかった。一部では、メールアドレスやHP管理用のIDが流出したとみられる。

 攻撃が確認されたのは、愛媛大のほか、山梨大(甲府市)▽文化学園大(東京都渋谷区)▽名城大(名古屋市)▽摂南大(大阪府寝屋川市)▽福岡大(福岡市)。いずれも13日に外部から指摘があったという。

 愛媛大によると、一般のHP訪問者向けに、イベントなどの情報提供をするメールマガジンに登録されていた約360件のメールアドレスが流出し、外部のサイトに掲載されたという。文化学園大では大学関連の過去のニュースなどを保存しているサーバーが攻撃されたが、個人情報の流出は確認されていないという。摂南大学ではホームページを管理するためのIDなどが流出したとみられる。