[PR]

 名古屋市熱田区の専門学校内で今年5月、2年生の男子生徒(16)を押さえつけ、耳に画びょうの針を刺したとして、愛知県警は14日、いずれも16歳で同級生の少年ら5人を暴力行為等処罰法違反(集団暴行)の疑いで逮捕し、発表した。学校側もいじめの疑いがあると判断し、生徒指導を進めていたという。

 県警によると、5人は共謀し、5月27日午後2時半~2時40分ごろ、専門学校の教室内で、「画びょうでピアスの穴をあけてみようぜ」などと言い、男子生徒の両肩や左手首を押さえ、左耳たぶに画びょう(針の長さ約1・4センチ)を突き刺し、集団暴行した疑いがある。1人は容疑を認め、4人は容疑の一部を否認し、「被害者の同意があった」などと話しているという。

 6人は同じクラスの生徒で、事件当時は授業の合間の休み時間だった。逮捕された5人のうち1人は事件後に自主退学したという。

 学校によると6月上旬、男子生…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら