[PR]

 大リーグ最多の通算4256安打の記録を持ち、野球賭博への関与で永久追放処分になっているピート・ローズ氏(74)が、オールスター戦の試合前行事に参加した。

 ファン投票により、現役、OBを問わず30球団の看板選手各4人が選出される企画で、試合が行われたシンシナティを本拠とする地元レッズの1人に選ばれていた。映像での他球団の選手紹介が終わると、レッズの4人が次々と名前を呼ばれ、赤いジャケットとネクタイ姿でグラウンドに登場。最後にローズ氏が三塁側のベンチから現れると、場内は地鳴りのような歓声に包まれた。

 通算19年間所属し、監督も務めた。闘志あふれるヘッドスライディングが代名詞で、地元での人気は高い。公式の場に姿を見せたのは、監督時代の賭博で永久追放となった1989年以来26年ぶり。「ファンはすばらしかった。打席に立ちたかったけどね……」と目尻を下げた。

 一時は殿堂入りを含めた球界復…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも