[PR]

(15日、大相撲名古屋場所4日目)

 鶴竜は動きを止めなかった。怪力の栃ノ心に先に左上手を許す嫌な流れ。隙を突いて左を差して両差しになった。動きの中で勝機を見いだす、相撲巧者らしい展開。最後は相手の上手を切って力をそぎ、腰を落として勝負を決めた。

 「上手を取られても止まらなかった。そこがよかった」。2場所連続の全休から復帰した場所で、初日から4連勝。だが、浮かれることなく、淡々と勝負を振り返った。

 「普通に稽古ができるのがうれ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも