[PR]

 イラン核問題で米欧など6カ国とイランが14日に結んだ最終合意は、4月に合意された「枠組み」で積み残されていた課題を網羅した。制裁は年明けにも一括で解除される可能性がある。査察に一定の強制力を持たせる一方で、研究開発に道を残した点は今後の火種となりそうだ。

 最終合意を受け、オバマ米大統領は「合意は信頼ではなく検証によって成り立つ。イランが誓約を履行しているか検証できるようになった。これまでで最も包括的、かつ踏み込んだ検証体制だ」と成果を誇った。

 だが、国連安全保障理事会で合意直前の7月9日までイラン制裁の専門家として務めた鈴木一人・北海道大学公共政策大学院教授は、「かなり米国や欧州が譲歩した印象だ」と話す。

 いつでもどこでも査察できるよ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも