【動画】「ちょい乗り」にうれしいEV三輪車=田中美保撮影
[PR]

 三輪自動車というと、1960~70年代によく見かけた「オート三輪」を思い出す人が多いだろう。川崎市のベンチャー企業が6月に発表した三輪自動車は、ガソリンやディーゼルのエンジンではなく、モーターと電池で動く電気自動車(EV)だ。近くへの配達仕事のような「ちょい乗り」に一役かいたいとの思いで開発したという三輪EVを試乗してみた。

 訪ねたのは、川崎市中原区にある「日本エレクトライク」。社名は、電気を意味する「エレキ」と三輪車の「トライク」を組み合わせた。

 三輪EVの名称も「エレクトライク」で、1人乗り。運転席に扉はなく、サドルをまたいで座る。車体は長さ約2・5メートル、幅約1・3メートル、高さ約1・7メートルで、軽自動車より一回りほど小さい。

 エンジンをかけ、恐る恐る公道に出てみた。ハンドルはバイクと同じ棒状で、右手側のグリップをひねると発進する。加速は思ったよりスムーズだ。扉やシートベルトがなく、やや不安定な感じがしたが、次第に気にならなくなった。交差点で曲がる際、三輪車にありがちなふらつきも感じなかった。

 ユニークな外観が目に付くから…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース