[PR]

 2020年の東京五輪・パラリンピックの主会場となる新国立競技場の建設問題は、安倍晋三首相が17日に計画の見直しを表明する見通しとなった。ただ、具体策の検討はこれからで、政権が目指す総工費2千億円未満への減額を達成できるかは不透明だ。

 16日夜、東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の森喜朗元首相を囲む自民党細田派の会食を終えた安倍首相は、新国立競技場に話が及んだかどうかを尋ねる報道陣に対し、無言を貫いた。一方の森氏も、「そういう話をみなさんにする資格はありません」などと話すにとどまった。

 計画見直しに避けて通れないのが、森氏の存在だった。今から見直せば、日本ラグビー協会前会長の森氏の思い入れが強い、19年秋のラグビーワールドカップまでに完成させることが難しくなるからだ。

 森氏が新国立競技場建設につい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら