[PR]

 第2次大戦中、ナチス・ドイツは「金髪・碧眼(へきがん、青い目)」の子供たちを他国から連れ去り、ドイツ人にしようと企てた。「レーベンスボルン(生命の泉)」計画と呼ばれ、被害者は数十万人にのぼるともいわれる。戦後70年の今、ポーランド人の被害男性が拉致に翻弄(ほんろう)された半生を語った。

16歳、実母に再会し帰国

 「子供の出生に秘密があるなら、それを早く教えてあげるべきだ。遅れるほどショックは大きい」

 ワルシャワ市内の自宅で6月、ポーランド人のアロイズィ・トバルデツキさん(77)は、数奇な半生を語り始めた。

 独西部コブレンツの公務員家庭での暮らしが変わったのは、終戦まもない1948年、11歳の頃のことだった。当時の名前は「アルフレート」。学校から帰宅すると、父母と祖父母が暗い表情で待っていた。尊敬する父がこう言う。「アルフレート、ポーランドのお母さんから、おまえに手紙が届いている」

 自分が実子でないことは知っていた。幼い頃、養子縁組が決まるまで預けられていた孤児院に、養父が引き取りに来てくれた時のおぼろげな記憶もあった。だが、実父はナチス親衛隊の高級将校で戦死し、実母は出産時に亡くなったと聞かされていた。

 「自分がポーランド人なんてあ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら