[PR]

 安倍晋三首相は「一般に」を多用するが、その話し方、いわゆる話体にはどういった特徴があるのか。5月28日の民主党・辻元清美氏、同・緒方林太郎氏、6月1日の自民党・岩屋毅氏に対する衆院特別委員会での答弁をもとに、日本語学者でお笑い芸人のサンキュータツオさんに、文体論の視点から、首相の話体を分析してもらった。

 ――安倍首相の話体。どんな印象を持ちましたか。

 「『まさに』『いわば』『~において』という言葉を多用していますね。しかも『まさに』でも『いわば』でもないところで使ってます。『いわば、ないわけでありまして』とか『まさに、そこに書いてあるのは』『基本という中において』とかです。話のリズムやテンポを取るために使うその人に特徴的な言葉、個人言語と言いますが、話し方の癖だろうと思います。『えー』も比較的、多いです。大平正芳元首相の『あーうー』が有名ですが、フィラー、つまり言いよどみです」

 ――「一般に」という言葉の使い方について、特徴的な点は見えましたか。

 「僕なら『一般に』という言葉が出た瞬間、例外の話をしたいんだなって思いますね。これから例外について語るんだよということを強調したいとき。しかも自分の主張じゃなくて、法律に書いてあること、他の人が言ってることであって、必ずしも自分個人の意見じゃないよ、と強調したい時、つまり逃げ道として使われることが多い。これも安倍さんの個人言語かもしれませんが、法律の話なんで一般と例外をきちんと分けて、あくまで一般にと強調したいところでしょうから、多くなるのは仕方ないかもしれません」

 ――ほかに特徴的なところはあ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも