[PR]

 台風11号が西日本を通過した後の17日夜も近畿地方に強い雨が断続的に降り、JR京都線で電車が立ち往生する事態になった。JR西日本などによると、長岡京駅(京都府長岡京市)―山崎駅(同府大山崎町)間で同日夜、大阪方面に向かう下り新快速がストップ。約2千人の乗客が閉じ込められたという。

 新快速は数時間にわたって動かない状態が続き、18日午前2時すぎになって運転を再開。午前2時40分ごろに山崎駅に着き、乗客を降ろした。車内で体調を悪くした乗客に対応するため、山崎駅には10台ほどの救急車が待機。複数の乗客が搬送された。

 また、同じ京都線の摂津富田駅(大阪府高槻市)―高槻駅(同)間でも、京都方面に向かう上り新快速や「特急はるか」、「特急びわこエクスプレス」が動けなくなった。神戸線の神戸駅(神戸市中央区)―兵庫駅(同市兵庫区)間でも下り快速が止まったという。

 JR宝塚線も尼崎駅(兵庫県尼崎市)―篠山口(同県篠山市)間で運転が見合わされたため、宝塚駅(同県宝塚市)のコンコースには帰宅できなくなった人であふれた。18日午前1時近くになっても身動きがとれない人たちが多数おり、床に段ボールなどを敷いて仮眠をとる姿も見られた。宝塚市は急きょ同駅近くの施設を開放し、約200人が身を寄せた。

 JR西は18日未明、大阪駅などでホームに止めた列車を乗客に開放。乗客は座席に横になるなどして運転再開を待った。