[PR]

 台風11号は17日夜から18日未明にかけて近畿地方に強い雨をもたらした。この影響で、JR京都線で電車6本が立ち往生するなどの混乱が相次いだ。JR西日本は18日朝、始発時点で大阪環状線(全区間)など京阪神地区の16線区で運転を見合わせ、振り替え輸送を実施した。

 16線区の運転見合わせについて、JR西日本は「17日からの累積雨量が規制値の上限に達したため」と説明した。ただし、「天候が回復し、線路の状況などを確認してから運転再開を判断する」としており、午前7時過ぎ以降、一部線区で順次運転を再開。大阪環状線も昼前に再開した。午前11時現在で約32万人に影響が出た。

 一方、JR京都線では17日夜から18日未明にかけて電車が相次ぎ立ち往生。約3100人の乗客が影響を受けた。

 JR西などによると、長岡京駅―山崎駅(京都府大山崎町)間で17日夜、大阪方面に向かう下り新快速がストップ。約1600人の乗客が4時間、閉じ込められた。18日午前2時過ぎにようやく運転を再開。午前2時40分ごろに山崎駅に着き、乗客を降ろした。車内で体調を悪くした乗客に対応するため、山崎駅には6台の救急車が待機。19人の乗客が搬送された。

 播州赤穂発野洲行き上り新快速も、摂津富田駅(大阪府高槻市)手前で約1時間にわたって停車。大阪発草津行き「特急びわこエクスプレス2号」が千里丘駅(同府摂津市)―茨木駅間で、関西空港発の「特急はるか」2本が茨木駅周辺で、網干発米原行き上り快速が島本駅―高槻駅間で、それぞれ立ち往生した。

 JR西はまた、18日未明に大阪駅や京都駅などでホームに止めた列車を目的地に行けなかった乗客に開放。少なくとも3500人の乗客が座席に横になるなどして運転再開を待った。

     ◇

 JR西日本が始発時点で運転を見合わせた京阪神地区の区間は次の通り。

 【大阪環状線】全区間

 【ゆめ咲線】全区間

 【おおさか東線】放出―久宝寺

 【東西線】京橋―尼崎

 【京都線】京都―吹田

 【神戸線】神戸―姫路

 【宝塚線】尼崎―新三田

 【阪和線】日根野―和歌山

 【山陰線】京都―園部

 【学研都市線】京橋―木津

 【姫新線】姫路―上月

 【加古川線】加古川―谷川

 【奈良線】京都―奈良

 【山陽線】姫路―上郡、兵庫―和田岬

 【赤穂線】相生―播州赤穂

 【湖西線】近江塩津―近江今津