【動画】現場周辺を調べる捜査員ら=池永牧子撮影
[PR]

 静岡県西伊豆町で川遊びをしていた家族連れら7人が感電し、男性2人が死亡した事故で、最初に男児1人が土手に設置された動物よけの電気柵に触れて感電し、助けようとした大人らが次々に感電した可能性が高いことが20日、捜査関係者への取材でわかった。男児がやけどなど左手に大けがをしていたことや目撃証言から県警が判断した。

 県警によると、死亡したのは、川崎市宮前区東有馬1丁目の尾崎匡友(まさとも)さん(42)と神奈川県逗子市新宿4丁目の岩村知広さん(47)。岩村さんの妻貴子さん(42)と長男(8)が重傷を負い、尾崎さんの妻由香さん(43)と長男(8)、現場近くの山本澄江さん(75)もけがをした。

 尾崎さんと岩村さんの2家族は家族ぐるみの友人関係で、海水浴で近くの由香さんの親戚宅を訪れていたという。

 県警の説明では、電気柵は高さ約1メートル、長さ約10メートル。仁科川支流の土手の斜面のアジサイの花壇を囲うように設置され、電気柵の切れた電線が川の中に垂れ下がっていた。電気柵は対岸の由香さんの親戚が設置し、家の納屋の家庭用電源の100ボルトのコンセントにつなげていた。現場に危険を知らせる看板はなかったという。

 捜査関係者によると、事故当時は尾崎さんと長男、岩村さんの長男の3人が川遊びをしていたという。左手に大けがをしたのは岩村さんの長男。県警は、誤って電気柵に触れて感電した岩村さんの長男を助けようとした尾崎さんが感電して川に転落し、悲鳴を聞いて川の中に助けに入った人たちが次々に感電したとみている。

 県警は業務上過失致死傷容疑の適用も視野に、電線が切れた原因とともに、漏電遮断器の設置など必要な安全対策の有無などを調べている。

■漏電遮断機・注意表示の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース