山形県酒田市長の本間正巳(ほんま・まさみ)さんが20日午後3時48分、咽頭(いんとう)がんのため同市内の病院で死去した。68歳だった。通夜は22日午後6時30分、葬儀は23日午前10時から酒田市千石町1の11の22のセレモニーホール酒田で。喪主は妻八重子さん。後日、市と本間家の合同葬を行う。

 昨年5月に咽頭がんの手術を受けて声帯を失ったが、11月に復帰。電気咽頭と呼ばれる機械を使って人工音声で議会答弁などの公務を続けていた。しかし、腎機能が悪化したとして今月11日に入院。17日夜に後援会を通じて辞意を表明したばかりだった。