[PR]

 平岡と三千代との間を取り持ったことを代助は後悔した。三千代になぜ奥さんをもらわないのかと聞かれたが、考えれば三千代と自分の間に愛が通わなかった時期はなかったのだ。経済的窮状を心配し、平岡を新聞社に訪ねた。社会の内情に接する仕事柄、代助の家の会社の内幕も書けるとにおわせる平岡に一種の憎悪を感じる。平岡は、三千代は三年前とは大分変った、家に帰ってもおもしろくないという。そんなに家が嫌なら奥さんを取っちまうぞと代助は知らせたかった。

こんなニュースも