[PR]

 日本航空は関西空港第1ターミナルの国際線ラウンジを1994年の開港以来初めて全面改修し、21日開いた。外国人客の要望で、イスラム教徒向け料理を加えるなど食事メニューを約30種類と3倍に増やした。

 延べ床面積は485・7平方メートルで以前より23平方メートル広くし、全177席ある。コンセント付きの座席を21から142に増やした。ブラウンやベージュが中心の色調で、美術品や和紙の装飾などで日本らしい雰囲気を出した。改修費用は約8500万円。ビジネスクラスの乗客らが利用できる。

こんなニュースも