[PR]

 厚生労働省は21日、製薬会社サノフィの不活化ポリオワクチン「イモバックスポリオ」について、有効期限切れの製品を誤って接種したとの報告が48件(重複事例を含む)あったと発表した。サノフィは有効期限が今年6月5日の製品を4月末まで卸売業者に出荷し、医療機関は有効期限の確認を怠っていた。誤接種による健康被害は報告されていないという。

 厚労省は21日、予防接種の対象になっているすべてのワクチンについて、接種時に有効期限を確認することを医療機関に求めるよう、都道府県などに通知した。また、製薬会社や卸業者に対し、有効期限が残り3カ月を切っているワクチンを出荷する場合は、有効期限を文書で医療機関などに知らせることを求めた。