[PR]

 世界最大規模の既婚者向け出会い系サイト「アシュレイ・マディソン」がハッキング被害に遭い、会員の個人情報が流出したと20日、カナダの運営会社が明らかにした。世界48カ国の約3800万人が登録しており、日本の会員は約180万人いるという。

 運営会社は、流出した個人情報の内容や規模について明らかにしていないが、セキュリティー会社によると、ハッカーはほとんどの会員の氏名、住所、クレジットカード情報などを取得したと主張。「サイトを閉鎖しない限り、ネット上に個人情報を流し続ける」として、すでに一部の会員の情報を流しているという。

 「アシュレイ・マディソン」は2002年にサービスを開始し、13年からは日本にも進出。「人生一度。不倫をしましょう」といううたい文句で、急速に会員数を増やした。(サンフランシスコ=宮地ゆう)