[PR]

 中国の外務・国防両省は21日夜、同日に閣議報告された日本の防衛白書に対して「強烈な不満と断固たる反対」を表明する談話を相次いで発表した。

 外務省は陸慷報道局長名で「『中国脅威』を悪意に誇張して緊張をつくり出している」とし、尖閣諸島(沖縄県)について「中国領海へのパトロール」など「必要な措置を継続する」と主張した。南シナ海問題でも「日本は問題に介入し、地域の緊張をあおっている」と非難した。

 さらに日本政府に対し「日本国民をミスリードし、中日関係改善に障害をつくり出すことをやめなければならない」と強く求めた。

 国防省も防衛白書は「中国軍のイメージに泥を塗っている」と断じた。安倍政権は「専守防衛、平和発展の道を歩むといいながら、安保政策を大幅に変更しようとしている」とし、「このようなやり方が周辺地域の平和と安定に不利な影響を作り出している」と批判した。(北京=倉重奈苗)

こんなニュースも