[PR]

 就職活動中の学生を狙った「就活商法」のトラブルがあとを絶たない。8月1日から経団連の加盟企業を中心に面接などの選考が解禁され、就活が佳境を迎える中、被害に遭った元大学生が体験を語った。

 「就活の話をしないか」

 2012年3月、関西の私立大3年で就活中だった男性(25)は、大学の友人から食事に誘われた。友人は何人もの会社経営者と関わって働いていると語った。「よかったらその経営者に会わないか」

 男性は就活を始めたばかり。将来をどう考えればいいのか不安があった。学生の立場では「社長」なんてなかなか会えない。いい機会だと思った。

 10日後の夕方、大阪市のホテルのロビーでスーツ姿の男2人に会った。「サラリーマンをしても沈没船に乗っているのと同じだ」。一人は自信たっぷりに語った。「成功するには人間力と経済力。人間力にはすべてを見通せる占いが必要、経済力はFXだ」

 FXは通貨売買で利益を狙う外…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら