[PR]

 岐阜県関市は22日、ふるさと納税のお礼として、特産の包丁と井村屋(津市)のアイス「あずきバー」のセットを贈ると発表した。8、9月の申し込み限定の企画。市は、アイスと刃物の「硬さ」が取り持った同社との縁を生かし、納税額の増加に期待する。

 5万円以上を納税し、謝礼品として包丁を選ぶと、井村屋の新商品「あずきバー食べ比べセット」が無料でつく。セットには「ゴールド宇治金時バー」や「ゴールドミルク金時バー」など23本が入っている。

 4月から井村屋と本格的に交流を始めた市は、古式日本刀鍛錬の一般公開であずきバーを無料配布。井村屋もキャンペーンで関市産のはさみを賞品にしたりしている。市の担当者は「関の包丁とあずきバーのどちらが硬いか。でも冷凍物は本当に硬いので包丁で切らないでね」と話す。

 市のふるさと納税は2011年度が78万円、12年度が59万円と低迷していたが、刃物の謝礼品が珍しいことから、13年度は405万5千円、14年度は660万円と徐々に増加。今年度は7月20日までに369万5千円になっている。(辻岡大助)