慶大ラグビー部監督として2度の大学日本一に輝き、ニュースキャスターとしても活躍した上田昭夫(うえだ・あきお)さんが23日、東京都内の自宅で死去した。62歳だった。今年に入ってから、代謝性疾患「アミロイドーシス」と診断されていた。葬儀の日取りは未定。

 上田さんは現役時代、スクラムハーフとして日本代表にも選ばれた。母校の慶大監督に就任後、1985年度には全国大学選手権を制し、日本選手権でも社会人のトヨタ自動車を破って初の日本一になった。その後、民放のニュース番組でキャスターを務め、お茶の間の人気を集めた。再び慶大監督を務めた99年度には、チームを大学日本一に導き、ラグビー部創部100周年の節目を飾った。