[PR]

 23日午後11時45分ごろ、福岡県筑紫野市のJR原田駅のホームで、福岡市内の男子大学生(19)が進入してきた特急列車と接触し、病院に運ばれた。筑紫野署によると、大学生は意識不明の重体。酒に酔っていたとみられ、線路に向かって嘔吐(おうと)していたところ、列車が頭部付近にぶつかった可能性があるという。

 JR九州によると、事故で普通列車2本が運休し、上下7本に最大約1時間20分の遅れが出て乗客約1900人に影響した。同社の担当者は「ホームから線路に体を出す行為は大変危険。絶対にしないで欲しい」と呼びかけている。