秋篠宮家の次女佳子さまは25日、静岡県御殿場市で開かれた「第49回全日本高等学校馬術競技大会」の開会式に出席した。

 式典であいさつに立ち、選手たちが初めて騎乗する馬で競う大会の特徴に言及。「性格が分からない馬で障害を飛ぶことは大変勇気のいることだと思いますが、この機会が今後積極的に難しい課題に挑戦する一つの契機になることを期待しております」と話した。佳子さまの公務での「お言葉」は初めて。

 これに先立ち、佳子さまは会場に到着した際、出迎えた地元の保育園児たちに近づき、「来年から小学生ですか。楽しみですか」「暑い中待っててくれてありがとうございます」などと笑顔で声をかけていた。